■サイト内検索■

■Links■

なぜ技能試験が免除されるか

このエントリーをはてなブックマークに追加
方法論としては各都道府県の運転免許試験場で学科試験と技能試験の両方を受験して免許を取得することもできるのですが、そのうち技能試験の部分のみを委ねられているのが指定教習所の役割なのです。
ですから教習所の卒業検定=試験場の技能試験と考えて問題はありません。
前の項目でも触れたとおり、日頃練習している道路・コースでそのまま検定を受けられるところが指定教習所の最大の利点ですので大概の人は不安もあるでしょうしこちらを選んで間違いはありません。
むしろ初心者であれば多少の遠回りをしてでも指定教習所や合宿免許でしっかりと基礎を身につけた方がいいかもしれません。
反対に試験場で技能試験を受けるとなれば、試験を試験場周辺で走行して判定をするためにいろいろと地理的にも不慣れな部分も多いし、試験官もいつもの教官などではなくまず初対面の試験官ですから心の準備も必要でしょう。
そして一回で合格できることはないくらいに難しいので、複数回受験するとなれば受験料・交通費や申し込みの手間だけでも相当なものになります。
それゆえに指定でない教習所で練習を進めている人はこのパターンで受験することになりますから相応の覚悟がないと返って足が出るでしょう。
たとえそうであっても最短での免許取得を考えている人にはこちらがオススメであり、最初から非公認の教習所を探す必要があります。
もし以前に免許を持っていたのであれば、運転経験を活かして一発試験にチャレンジするのも妥当かもしれません。

Copyright (C)2019運転免許☆合宿教習所で短期集中作戦.All rights reserved.