■サイト内検索■

■Links■

修了検定と卒業検定

このエントリーをはてなブックマークに追加
現在の教習制度は大きく2つの段階に分かれていています。
まず一段階では路上に出るための仮免許を取得できるよう教習所場内をひたすら練習する段階です。
当然ですが運転の基礎知識の部分がメインで、まずは車を動かせないと話になりません。
一通りの運転を身に付けると教官からみきわめがもらえ、仮免許を取るための試験を受けることができます。
みきわめとは教官からのGOサインのことで試験を受ける許可のことです。
この仮免許の試験のことを修了検定と言い、いつも練習している教習場内で行います。
もしここで落ちてしまうと規定時間の補習を受けてもう一度みきわめを貰わないといけません。
晴れて仮免許が取れれば、いよいよ教習所の外へ出ての路上教習となります。
ここからが第二段階で、今度は卒業証書を貰うために外へ出てベテランドライバー達に揉まれたりする段階です。
この次の卒業検定では路上で行うため、日頃の練習での道路や標識・注意スポットなどを頭に入れておくと検定も少しは楽になるでしょう。
また仮免許には更新がなく半年で期限が切れるので、期間内には卒業検定をパスしないとなりません。
そしてこの卒業検定は同時に試験場の技能試験も兼ねているので、学科を除けば事実上最終試験なのでたいへんなプレッシャーがかかります。
本番に弱いタイプのかたには精神的に厳しいですが、いつも練習している道を走るわけですので落ち着いてひとつひとつ動作をこなしていけばそんなに心配はいりません。
合宿免許や指定教習所のメリットはいつものコースで検定が受けられることにあるのです。

Copyright (C)2019運転免許☆合宿教習所で短期集中作戦.All rights reserved.