■サイト内検索■

■Links■

指定自動車教習所の意味

このエントリーをはてなブックマークに追加
頭に「指定」が付くか付かないかの違いは、結論からいうと実地免除か否かの違いです。
指定うんぬんについて合宿免許ではあまり関係がないのですが、言葉的に気になる方もいるでしょう。
たまに勘違いされているのが、指定じゃない教習所=非公認=何か良くない学校、と思われている方もいますがそれは完全なる誤解です。
言い換えるなら、実地免除の指定を取っていない教習所なのであって、例えば腕に自信のある教習生なら逆にこちらのほうが手際良く免許が取れるのも事実です。
いわゆる非公認の教習所では卒業しても実地免除にはなりません。
卒業検定の類はありませんので、運転の見込みが立てば自分で運転免許試験場に行き試験を受ける必要があります。
そこで合格して免許が取れれば、教習所の方も終了となります。
感覚的には練習場に近い教習所といったところでしょうか。
ですので飲み込みの早い生徒は短時間でしかも低予算で受験もでき合格し免許もとれます。
指定教習所では優秀な生徒がどんなに早く運転を身につけても、規定の時間は教習を受けないといけないのでまどろっこしく感じるでしょう。
あえて言えば非公認の教習所は、一度免許を失効したなど運転経験のある人にはベストの選択です。
また完全な初心者であっても、腕に自身があり本番に強い方ならわずかな練習で本試験(試験場の試験)に挑んでみるのも悪くはありません。
たいがいの人は、地域にもよりますが指定の教習所のほうが数がありますので、指定を選んだ方が無難ではないでしょうか。

Copyright (C)2019運転免許☆合宿教習所で短期集中作戦.All rights reserved.