■サイト内検索■

■Links■

最後に運転免許試験場へ行く

このエントリーをはてなブックマークに追加
指定教習所でも合宿免許でも卒業証書を受け取ると最後に試験場での本試験が待っています。
運転免許試験場(免許センターなど呼び方はいろいろあります)では学科試験だけは必ず受験が必要で非公認教習所の人も自己練習の人も避けては通れません。
この試験が最終試験となりこればかりは免除になる方法もありません。
技能試験が苦手な人がいる反面、「学科だけはどうも」な方もたくさんいるので中々厄介です。
出題は全100問で全て○×による正誤問題となり、90点以上が合格のボーダーラインとなります。
一見シンプルなテストと思われますが、この試験は文章表現にクセがあるのが特徴で、正誤の判断がしずらい問いが多々あります。
基本はすべて学科教本に載っているとおりで、それだけ押さえていても合格点には届かず、いわゆる言葉の引っ掛け問題を攻略しないといつまでたっても合格ができません。
ここが受験者を悩ませるところであり、問題用紙の出題パターンも何種類か用意されているため同じ出題はまず期待できません。
一番スタンダードな攻略法としては、卒業した教習所などで問題集を何度も解いて慣れることですがやはり根気が必要となります。
別の方法がないわけでもありません。
裏講習と呼ばれるものがあり、試験場の周辺を少し探ってみると見つかります。
そこでは出題が予想される問題をかなりの高確率で教えてもらえます。
ヘッドホンなどを利用して耳から覚える形をとっていることが多く、結局は丸暗記することになるので集中力は必須です。
これによって合格する人も多いので、ペーパーが苦手であれば考慮してもよいでしょう。

Copyright (C)2019運転免許☆合宿教習所で短期集中作戦.All rights reserved.